葬儀でのネクタイのルール

冠婚葬祭では、着用するものにルールやマナーがありますが、特に覚えておきたいのが葬儀でのネクタイのルールです。
結婚式は華やかな場なので、多少のことは問題になりませんが、葬儀は厳粛な場ですので失礼があってはいけません。
葬儀で着用するネクタイと言えば、黒が基本です。
刺繍やストライプ、織り込まれたデザイン、光沢のある素材もNGとされていて、黒無地が最も相応しいとされています。
しかし、これは大前提としてのルールであり、必ずしも黒でなければいけないというわけではありません。
会社から急遽駆けつけなければいけない時もあると思います。
こういった場合は、派手な色でなければブラックフォーマルでなくとも問題ないとされています。
しかし最近ではコンビニなどが増え、手軽に購入できるようになってきているので、購入して締めかえる方が無難です。
ネクタイの結び方にルールはありませんが、プレーンノットが無難です。
一番シンプルな結び方なので、葬儀に相応しいと言えます。