冠婚葬祭でのネクタイのマナー

結婚式や葬式などの冠婚葬祭で、どのようなネクタイを着用するのが相応しいのか、事前にマナーを覚えておくと良いでしょう。
まずは披露宴の場合ですが、光沢のある白や銀が無難です。
縁起が悪いとされている黒は避けるようにしましょう。
スーツに合う色であれば、ライトブルーやピンクなどのパステルカラーでも大丈夫です。
柄が入ったものはあまり好ましくないので、無地で質感の良いものを選ぶようにしましょう。
基本的に、あまり派手なものでなければ問題ないと言えます。
お通夜や葬式の場合は、黒が基本です。
しかし、着の身着のままの格好でも、急いで駆け付けることが礼儀とされてきたので、仕事帰りのスーツのままでも参列できます。
その場合、普段している色で問題ありません。
ただし、派手な色は避けるようにし、ネクタイピンなどの装飾品は必ず外すようにしましょう。
また、作業着でも問題ないため、作業着で参列する場合は、ネクタイをしていなくても問題ありません。